革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

熱帯魚-図鑑

≪主なお魚≫

この図鑑に載っている魚たちは美ら海で扱っております。

その他のお魚につきましては、ご相談ください。

カクレクマノミ シリキルリスズメダイ
ルリスズメダイ デバスズメダイ
ハタタテハゼ ヒフキアイゴ
キンギョハナダイ アカネハナゴイ
スカンク・シュリンプ ホワイトソックス
トゲチョウチョウウオ アケボノチョウチョウウオ
ルリヤッコ フレームエンゼルフィッシュ
ヒレナガハギ キイロハギ

 

 

■カクレクマノミ■
カクレクマノミ

分類: スズメダイ科
全長: 10センチメートル
分布: 西部太平洋 (奄美大島以南)

解説
海水魚人気ナンバーワン映画「ファインディング・ニモ」の主人公「ニモ」の愛称で親しまれている。
クマノミの中では小型でおとなしい種類。ハタゴイソギンチャクに好んで入る。 水槽内でも産卵をするのだが・・・・・。性転換をします。強いほうがメスになる。

 

■シリキルリスズメダイ■
シリキルリスズメダイ

分類: スズメダイ科
全長: 5センチメートル
分布: 西部太平洋

解説
ルリスズメダイよりはおとなしいのだがそれでもやや気が荒い。名前の由来はお尻が黄色いためで、シリキの愛称で呼ばれている。

■ルリスズメダイ■
ルリスズメダイ

分類: スズメダイ科
全長: 6センチメートル
分布: 西部太平洋~インド洋

解説
コバルトスズメの愛称で呼ばれている。
サンゴ礁で最も普通にみられるスズメダイの仲間で、メスの尾びれは透明であるがオスは青い。
夏が産卵期で枝サンゴなどの表面に産卵する。
気が強く縄張り争いをする。


■デバスズメダイ■
デバスズメダイ

分類: スズメダイ科
全長: 8センチメートル
分布: 西部太平洋~インド洋

解説
スズメダイの中で一番おとなしい種類。
水槽の中でもほとんど喧嘩をすることがありません。水槽の中でも群れで行動します。
■ハタタテハゼ■
ハタタテハゼ

分類: ハゼ科
全長: 9センチメートル
分布: 中・西部太平洋~インド洋

解説
背びれを動かす仕草がとても可愛いです。
すごく臆病ものでびっくりすると岩陰に隠れてしばらく出てきません。

■ヒフキアイゴ■
ヒフキアイゴ

分類: アイゴ科
全長: 20センチメートル
分布: 中・西部太平洋

解説
背びれのとげに要注意です。
アイゴの仲間は、背びれや尻びれにに毒を持っています。刺されるとかなり痛いので取り扱うときは注意が必要です。性格はおとなしく警戒すると岩陰などに隠れます。(体色の変化が変わります)

 

■キンギョハナダイ■
キンギョハナダイ

分類: ハタ科
全長: 10センチメートル
分布: 西部太平洋~インド洋

解説
映画「崖の上のポニョ」のモデルになりました。
成長したオスは気が荒くなり、自分より小さな
魚を同種異種問わず攻撃する。性転換をします。強いほうがメスになる。メスよりもオスのほうが色鮮やかです。自然界では大きなグループで行動します。


■アカネハナゴイ■
アカネハナゴイ

分類: ハタ科
全長: 7センチメートル
分布: 西部太平洋~インド洋

解説
かなり臆病もので群れで行動します。
メスの中から強い個体がオスに性転換します。成熟したオスは鮮やかなピンクでメスは黄色。複数飼育すると、さらに魅力的です。協調性もあり、丈夫で人工飼料もよく食べます。

■スカンク・シュリンプ■
スカンク・シュリンプ

分類: モエビ科
全長: 5センチメートル
分布: 太平洋・インド洋・西部太平洋

解説
クリーナーシュリンプ(掃除屋さん)として有名。水槽の下に落ちてきた、えさをよく食べますが時たま浮いている餌を取りに泳ぐ(?)ことがあります。泳ぐ姿は可愛いですョ。水槽内でも産卵をしますが、ふ化した時にほかの他の魚たちに食べられてしまいます。たまに脱皮をします。

 

■ホワイトソックス■
ホワイトソックス

分類: モエビ科
全長: 8センチメートル
分布: 西部太平洋~インド洋

解説
クリスマスが近づくと人気者になります。
クリーナーシュリンプとしてよく働きます。 岩の間に隠れる習性が強い。縄張り意識が強く、複数飼育は難しい。名前の由来は見てわかるように白い靴下を履いているみたいだからかな?

■トゲチョウチョウウオ■
トゲチョウチョウウオ

分類: チョチョウウオ科
全長: 20センチメートル
分布: 西部太平洋~インド洋

解説
チョウチョウウオの中で比較的大型になる。
やや気が荒く、他のチョウチョウうを攻撃することがある。(いじめっ子かな?)

 

■アケボノチョウチョウウオ■
アケボノチョウチョウウオ

分類: チョチョウウオ科
全長: 15センチメートル
分布: 西部太平洋~インド洋

解説
チョウチョウウオの中で小型で性格もおとなしい。
やや気が荒く、他のチョウチョウうを攻撃することがある。(いじめっ子かな?)

■ルリヤッコ■
ルリヤッコ

分類: キンチャクダイ科
全長: 12センチメートル
分布: 中・西部太平洋

解説
名前の通りきれいな瑠璃色をした魚ですが、色彩変異個体が数多く見られる種で、全身がオレンジ色の個体も記録されています。


■フレームエンゼルフィッシュ■
フレームエンゼルフィッシュ

分類: キンチャクダイ科
全長: 9センチメートル
分布: 中部太平洋

解説
ヤッコでは珍しく赤い体色で特に人気が高い。
オスの背びれの後端はややとがり、背びれと尻びれの青と黒の縞部分が多い。

■ヒレナガハギ■
ヒレナガハギ

分類: ニザダイ科
全長: 30センチメートル
分布: 太平洋・インド洋

解説
背びれと尾びれが大きくて、広げると綺麗です。
ハギの中ではおとなしいのだが、同種同士では激しく争うことがあります。

 

■キイロハギ■
キイロハギ

分類: ニザダイ科
全長: 20センチメートル
分布: 中・西部太平洋~インド洋

解説
映画ファインディング・ニモでバブルスの名前で登場。 ハギの仲間でもかなり性格が強く攻撃的である。泳ぎが素早くて餌を素早く食べる(食いしん坊)自然界では群れで泳ぎますが、水槽では縄張り争いをします。